さまざまな悩み

人が生きている限りにおいては、悩みであったり、問題に直面する事があります。全く悩みがない人の方が少ないと考えられますが、悩みを抱える状況については、主題となるものは違ってきます。 最近では、悩みの解決方法として、カウンセリングなどを利用する人も多くなっており、心理カウンセリラーが多くの現場で活躍しています。特に、学校などの現場については、いじめ問題などもニュースで取り上げられるほど社会問題化しています。この様な現場では、スクールカウンセリングを実施している学校が多くなっています。スクールカウンセリングを実施するのは、心理カウンセラーと呼ばれる人たちである事が多く、こどもたちの問題に限らず、育児に悩むお母さんたちからの相談を受ける事もあります。学校にカウンセラーが常駐していない場合には、学校の職員に相談してみたり、地域の専門機関などを利用しても相談ができます。

特にスクールカウンセリングを利用しているケースが増えている背景としては、こどものいじめ問題などが多くなっており、必ずしも学校内だけで解決できる現場ではなくなってきている事が挙げられます。こどもの場合には、素直なこころがありながらも、学校で荒れてしまうケースも多く、実は家庭内に問題を抱えていたという事も少なくありません。スクールカウンセリング等でこどもの話を聞き、こどもを取り巻く家庭環境から変えていく必要などもあります。 また、学校の場合には、勉強や団体生活における協調性を養う事が目的ともされていますので、勉強にどうしても馴染めず休みがちなこどもについても、スクールカウンセリングを通して問題を提議していく事もあります。受験が控えている場合には、塾に通うこどもが多くなっていますが、全く勉強をしないこどもとの差が開く可能性もあるため、早期に相談を行うなどの役割を担っているなどの背景があります。